2回生幼児教育学科「第7回就職ガイダンス」を開催しました

就職指導課 [2010年10月29日]

10月27日(水)14:40~16:10、幼児教育学科2回生を対象に第7回就職ガイダンスを行いました。

《学生の感想》

  • 周りの友達は続々と決まっていっているので不安ですが、焦らずに、自分に合う園を自分の目で確かめて、じっくり決めていきたいと思います

  • 試験だけではなく、保育士という仕事は人と人との繫がりで成り立っている仕事だと思います。そういった意味でも、コミュニケーション能力の必要性は高いと言えます。普段から人と関わることを積極的に行ったり、言葉遣いや身だしなみを整えたりと、良い人間関係を築くことができるように努力していきたいです。

  • さりげない言葉遣いがしっかりできるような保育士になりたいと思いました。朝、会ったら明るく元気に「おはよう」と子どもに声かけをしたり、帰りは「さようなら、また明日ね」と明るくしっかり言えるように心がけたいと思いました。また、「ありがとう」や「ごめんね」をしっかり子どもたちが言えるようにできたらいいなと思いました。

  • 就職してからの方が大事なので、内定をゴールだと思わず、しっかり社会人・保育士として自信を持てるような人間になりたいと思います。

  • 常に周りから見られている、評価されているという意識を持って、学生生活を大切にしていきたいです。これからの生活で毎日少しでも成長していけるように、すぐに諦めたりせず、前向きな気持ちで何事にも立ち向かっていきたいなと思います。
  • 091027-3.jpg

↑