2回生生活科学学科「第5回就職ガイダンス」を開催しました。

就職指導課 [2012年6月 4日]

ブログの更新が、大変遅くなってしまって申し訳ありません。

4月18日(水)16:20~17:50に生活科学学科2回生を対象に、「第5回就職ガイダンス」を行いました。
「求人及び就職の状況」、「今後の就職活動の心得」、「面接の心得」などについて学びました。

《学生の感想》


  • 他の人に比べ全然動いていない、少し焦ったほうが良いと思った。

  • 合同説明会等に参加したが、全然実感がなかった。先生の話を聞いてちゃんと就職活動をしようと思った。遅いかもしれないが、気を張って頑張る。

  • 「まだ大丈夫・・・」という考えをずるずると持っていたが、ガイダンスを聞いて今からでは遅いと思い知らされた。

  • 協調性を保ちつつ他の人との違いを出していきたい。

  • 改めて就職することの必要性を強く感じた。今受けようと思っている事業所があるので、面接の準備や履歴書の準備など、就職指導課へ通いコミュニケーション能力を高め、就職のための準備をより一層頑張りたいと思う。また、多くの人と話をする機会を持とうと思う。

  • 面接のポイントや留意点などしっかりおさえてこれからの就活を頑張りたい。

  • 何事も積み重ねることは長い時をかけて苦労するのに、崩れるときはあっという間なのだと改めて思った。日頃からどんなときも気を引き締めなければならないと感じた。

  • 「報告・連絡・相談」をしっかり出来る人間になれるように頑張りたい。

  • 「自分を変えることが出来るのは若いとき、今!」という言葉がとても心に残った。今こそ行動する貴重なときなのだとすごく感じた。勉強にしても人間性にしても自分をより良く出来るのは今なのだから、精一杯頑張りたい。また、就職指導課で社会の厳しさや自分というものについてもっと勉強していきたいと思った。
  • 画像 003.jpg

    画像 019.jpg

↑