1回生の「進路ガイダンス」を開催しました。

就職指導課 [2012年7月28日]

6月20日(水)14:40~16:10、1回生を対象に生活科学学科と幼児教育学科の二会場に分かれ、進路ガイダンスを行いました。
これからの就職活動の取組み方や、廣済堂の川崎さんをお招きしてインターネットを活用した就職試験対策(E-Testing)の説明を行いました。

《学生の感想》


  • まだ1回生だから・・・と就職のことはまじめに考えていなかったが、今からすでに準備をしなければならないと自覚を持った。考える力、会話能力、行動力など社会適応能力が必要だとわかった。

  • 筆記試験が導入され、会社説明会に参加出来ない可能性が高まったため、E-Testingという教材は受けるべきだと思った。

  • 就職して生きていくためには、今日からコツコツ努力し、企業の求めている人材になろうと思った。そして、自分の甘い部分を直していこうと思った。

  • 人を好き嫌いしてはいけないということ、そのことでコミュニケーション能力が落ちるため、色々な人と積極的に関わることが大切だと気付かされた。

  • 素直さは素直さでも「積極的な素直さ」が必要だと知った中々積極性がないため、残りの1年半以上の生活で身に付けたいと思う。また、準備などでも積極的に動ける人間になりたい。

  • ペーパーテストがWEBになったということも初めて聞き、説明会の前に行うということに驚いた。足きりテストという存在を知り、自分も頑張らなければと思った。

  • 就活が今からとても不安だ。しかし、まず努力をしなければいけないと思い、自分に甘くせず今日から本当に変わりたいと思う。ボランティアにも行き、授業も大切にし、頑張らなくてはいけないと思った。

画像 008.jpg

画像 012.jpg

画像 013.jpg

↑