1回生幼児教育学科「第3回就職ガイダンス」を開催しました

就職指導課 [2011年1月 5日]

12月22日(水)14:40~16:10、幼児教育学科1回生を対象に第3回就職ガイダンスを行いました。今回は、内定をいただいている2回生の実体験を発表してもらいました。感想の中でも、先輩の生の声を聞く事ができて良かった、ためになったという学生さんが多く、とても良いガイダンスになりました。


《学生の感想》

  • 先輩方の話を聞いて、いろんな園にボランティアに行ってみるべきだと思いました。ボランティアを経験して自分を売り込んだり、自分の理想的な園が明確になったり、自分の長所や短所が分かるようになるなど、得るものがたくさんあったみたいなので、私も長期休暇などにしてみたいと思います。

  • 実習中のことも先生方は見てくれているということでプレッシャーも多いですが、その反面、自分が頑張った分、評価してくれているということなので、笑顔で精一杯頑張りたいと改めて思いました。

  • 先輩方の生の声を聞く事ができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。また、施設の職員や公務員として内定が決まった先輩のお話を聞くのは初めてだったので、とても興味深かったです。

  • 保育ボランティアは、自分の保育者としての力を伸ばすだけではなく、その園の雰囲気や先生方の様子を見ることもできるし、自分をアピールすることができるということを知ることができました。

  • 今日お話された先輩方は、皆さんどんな園に行きたいかや、どんな保育者になりたいかなど、明確なイメージや目標を持っておられて、それに向かって頑張っていたので希望する場所に就職できたのだということを感じました。
  • 101222-2.jpg

    101222-3.jpg

↑