1回生生活科学学科「第2回就職ガイダンス」を実施しました

就職指導課 [2011年11月 8日]

11月2日(水)14:40~16:10、生活科学学科2回生を対象に就職ガイダンスを行いました。3名の講師の方にお越しいただき、就職活動の取り組み方などについてご講演いただきました。


【ハローワーク福井就活職業指導官 本田忠生氏】
有効求人倍率の推移、企業が求める人材について、合同就職面接会の活用についてなどをお話していただきました。

111102-1.jpg


【ふくいジョブカフェセンター長 松田博子氏】
ふくいジョブカフェとはどんなところなのか、セミナーやイベントなど活用法を教えていただきました。

111102-2.jpg


【株式会社マイナビ北陸支社 岩澤知範氏】
「スタートアップ講座」と題して、キャリアデザインについて、現在の就職環境について、今年から大きく変わった今後のスケジュールについてご講演いただきました。

111102-3.jpg


《学生の感想》

  • 12月までに、自分が何をしたいか、どんな仕事に進みたいか決めておかなければならない時期にさしかかったと聞いて、真剣に今から色々な職業を調べ、何が自分に合っているのか見極めたいと思った。

  • 就活を始める前にとても大切なことは、就活の目的意識をはっきりと持つということだと分かった。きちんと目的意識を持ち準備をすることで、就職は厳しいが、自分次第で就職はできるということが分かった。

  • 定期的なセミナーやイベントが開かれていて、就職にとても役立つものばかりだと思った。コミュニケーション能力やビジネスマナーは就職する際に重要になってくるものなので、ぜひ学びたいと感じた。

  • 就活を通して自己分析をして「自分についての理解」を深め、自分のやりたいこと、できること、大事にしていることを見つけることが必要なことだと思った。。

  • 仕事をする時間は、学校教育よりもはるかに長いし、自分の人生を決めるといっても過言ではないので、人生を決めると思って真剣に決めたいと思った。
↑