生活デザイン専攻の資格・就職

取得を目指す資格

  • 色彩検定
  • リビングスタイリスト
  • 福祉住環境コーディネーター検定

主な就職先

身につけたデザイン能力を活かして、
デザイナーをはじめ、さまざまな職種に就職。

広告や出版に携わるグラフィックデザイナーや、メガネや家具、服飾関係などのデザイナーとして活躍しています。また、デザインを学ぶ中で身につけた段取り力や企画力、デザインのセンスを活かして、販売や企画、事務職などさまざまな分野に就職しています。

  • デザイン関係(デザイン事務所・印刷会社・住宅会社・眼鏡メーカーなど)
  • 企画・販売・サービス
  • 事務職 など

営業企画

集客・販促活動のための広告の方向性を決めていきます。企画力だけでなく外部の制作会社とのやりとりも多いのでスムーズに進行させる段取り力が求められます。

グラフィックデザイナー

パンフレット、チラシ、商品パッケージやWebの企画・制作を行います。コンピュータとグラフィック系のアプリケーションソフトを操作できるスキルが必要不可欠です。

ファッションアドバイザー

ファッション専門店などで服飾用雑貨を販売する仕事です。商品を効果的にディスプレイしたり、お客さまに合った商品の提案やコーディネートのアドバイスなども行います。

プロダクトデザイナー

自動車、家電製品、医療機器などの工業製品や、メガネや家具、食器、パッケージなどのデザインを行います。プロダクトデザイン分野で学んだ力を活かせる職業です。

就職先の方から一言

ユニフォームネクスト株式会社
かねむら さん

仁愛女子短大の卒業生が、リーダーとなって活躍しています。

弊社ではネット通販が約95%を占めているのですが、4つのWEBサイトの中でも最も大きなサイトの担当者が仁愛女子短大卒の社員です。しかも入社3年目でリーダー職に就くという異例の抜擢。年上の部下を率いる立場となりましたが、適応力が高く、成果を出し続けています。当社が求める人材は、積極的に何事にも参加できる人。スキルよりも意欲を重視しており、その点で2年早く社会に出られる短大生は強みを活かせるのではないでしょうか。

↑