食物栄養専攻のカリキュラム

  1年次 2年次
栄養士として必要な基礎的知識を理解します。 栄養士の業務に対応できる能力を養います。
教養科目 専門分野の枠を超えて、豊かな心と幅広い教養を学びます。
人間と仏教Ⅰ・Ⅱ
社会活動実践
社会人基礎演習Ⅰ・Ⅱ
英語
野外スポーツ
情報メディア入門
人間と仏教Ⅱ
社会活動実践
ヒトの生物学
環境の化学
スポーツ実技
専門科目 学科共通科目 人々の「生活」について、科学的な視点から学びます。
生活科学論
衣生活論
食生活論
住生活論
人間関係論
保育学
生活経営学
社会生活と
健康
社会や環境と健康との関係を理解するとともに、保健・医療・福祉の概要について学びます。
- 公衆衛生学
公衆衛生学各論
社会福祉
人体の構造と
機能
人体の仕組みと、食事・運動・休養などの生活活動や環境変化に対する人体の適応を学びます。
解剖生理学 解剖生理学実験PICK UP
運動生理学
生化学Ⅰ・Ⅱ
生化学実験
食品と衛生 食品の成分の栄養特性、食品の安全性の重要性、衛生管理の方法について学びます。
食品学総論
食品学各論
食品化学実験Ⅰ
食品化学実験ⅡPICK UP
食品加工学
食品衛生学
食品衛生学実験
食品加工実習PICK UP
栄養と健康 栄養とは何か、その意義を理解し、性、年齢、健康状態などに対応する食事について学びます。
栄養学総論
栄養学各論
栄養学実習
有機化学
臨床栄養学
臨床栄養学各論
臨床栄養学実習PICK UP
栄養の指導 個人や集団レベルでの栄養指導の基本的役割や方法を学びます。
栄養指導論Ⅰ
公衆栄養学
栄養指導論Ⅱ
栄養指導実習PICK UP
給食の運営 給食業務を行うために必要な食事の計画や調理を含めた給食サービスに関する技術を学びます。
給食管理
調理学
調理学実習Ⅰ
給食管理実習PICK UP
食料経済
調理学実習ⅡPICK UP
給食管理臨地実習
研究 1年次に学んだ基礎知識をさらに深く追求します。
- 専門演習
卒業研究
フードスペシャリスト
関連科目
フードスペシャリストになるための専門性を学びます。
食品検査法 栄養情報処理PICK UP
フードスペシャリスト論
フードコーディネート論

※カリキュラムは平成30年度入学生のものです。

授業 PICK UP 栄養士の業務につながる実践的な学び

1食品化学実験Ⅱ

食品中の水分、脂質、たんぱく質、灰分、ビタミンの量を測定し、食品成分の含まれ方を実験を通して理解します。

2解剖生理学実験

人体の構造と機能を理解し、健康の保持・増進などにつながる栄養学の実践に不可欠な知識と理論を学びます。

3食品加工実習

食品加工学で学んだ内容を活かし、ジャム、ケチャップ、チーズ、豆腐など、さまざまな加工食品を製造します。

4臨床栄養学実習

疾病の予防と重症化を防ぎ、栄養状態の把握と食事療法の意義を理解し実践できる力を身につけます。

5栄養指導実習

栄養指導の対象を理解し、それぞれに見合った栄養教育や個人指導について、グループ学習などを通して実践的に学びます。

6給食管理実習

約20人のグループで、大量調理をするための厨房機器を使って、約100食分の給食をつくります。つくった給食は1、2年生全員で試食します。

7調理学実習Ⅱ

和洋中や世界の料理、行事食などさまざまな調理を行い、食事の目的にあった食卓を演出する能力を身につけます。

8栄養情報処理

表計算ソフトや栄養計算ソフトを活用して、栄養士業務に必要となるデータの分析や調査、診断方法を学びます。

学びの特色

豊富な実験・実習で実践力アップ

食物栄養専攻では、実験や実習を通して理解を深めるカリキュラムが組まれています。それぞれの講義に対応した実験・実習で(講義科目「解剖生理学」に対応した実験科目「解剖生理学実験」など)、将来、栄養士として活躍するための力をつけていきます。特に調理関係の実習が多く、調理学実習や給食管理実習、食品加工実習など、さまざまな実習でつくる料理の種類は約500品。確かな調理技術と知識を身につけた栄養士をめざします。

↑