幼児教育学科の学べること

今求められている、「地域と協働する力」と「リーダーシップ」を兼ね備えた、現場で活躍できる保育者をめざします。

学習成果と教育方法

保育者に必要とされる能力を、二年間の多様な学びを通してしっかり身につけます。

TOPICS

実践を通して学ぶ、幅広い取り組み

幼児教育学科発表会&造形作品展
幼児教育学科での2年間で身につけた、保育現場で必要とされる高い専門性と実践力は、年度末に学外のホールで開催する「幼児教育学科発表会」で発表しています。劇やダンス、ミュージカルなど、自らの得意分野を活かしたステージ発表は毎年好評です。また、教育・保育に関する課題を研究し、その成果を学外の方々へ発表する場としても位置づけています。
表現力を磨く「選択履修プログラム」と個々の力を伸ばす「ゼミ」
「選択履修プログラム」とは1年次後期に開講される「表現演習」のことで、「音楽」「身体」「造形」「言語」の4つの表現分野から興味・関心のある分野の表現技術を高めるプログラムです。2年次に開講される「保育表現演習」は、少人数で学ぶゼミ形式で行われ、多彩な専門分野を持つ教員とともに、保育者に必要な知識や技術を磨きます。
保育現場で活躍する卒業生とのつながり
幼児教育学科は50年にわたって地元に根ざした教育を展開しており、県内で活躍する保育者の多くが本学の卒業生です。地元での圧倒的な認知度は、就職や実習の際に強みとなります。また、現場で働く保育者の研修などで本学教員が関わるなど、そのつながりは卒業後も続いています。
豊富な実習
各授業で学んだ内容をもとに幼稚園や保育所、施設での実習に取り組みます。事前に実習指導を行い、実習中は教員が実習先を訪問して学生の状況を把握するなど、きめ細かいサポートを行っています。普段の授業においても、キャンパス内にある附属幼稚園や隣接する仁愛保育園の園児たちと交流するなど、子どもと触れ合う機会が数多くあります。
実習などのスケジュール
  1年次 2年次
6月   教育実習(幼稚園)
自分の希望する幼稚園で2週間実習します。
7月    
8月   保育実習(施設)
児童養護施設、乳児院、知的障害児・者施設で80時間実習します。
9月 教育実習(附属幼稚園)
仁愛女子短期大学附属幼稚園で1週間の実習を行います。
保育実習(保育所・施設)
保育所または施設で80時間実習します。
10月 じんあいこどものくに(大学祭開催中)
クラスごとに子どもたちが楽しめるような出し物を企画・運営します。

AH-先輩に学ぶ-
保育の場で活躍している卒業生を招いて話を聞きます。
じんあいこどものくに(大学祭開催中)
AH-先輩に学ぶ-
11月 実習報告会
先輩の実習体験を聞き、実習に向けて気持ちを引きしめます。
実習報告会
自分たちの実習経験をまとめ、 1回生に向けて発表します。
12月    
1月    
2月 保育実習(保育所)
自分の希望する保育所で80時間実習します。

幼児教育学科発表会
授業などで制作した作品を、学外の会場で子どもたちや一般の方に発表します。
幼児教育学科発表会
自分たちが中心となって企画・運営し、2年間の集大成を発表します。
3月 施設実習事前学習
知的障害者施設を見学します。
 
↑