幼児教育学科の在学生/卒業生の声

先輩たちの「今」を少しだけ、のぞいてみましょう。

在学生の声

おおぜき さん

母園で芽生え、母園で叶った保育士になる夢。

保育園で大好きだった担任の先生に憧れ、保育士になるのがずっとずっと夢でした。仁短を選んだのは、地域とのつながりが深く、短期集中で現場に早く出られるから。1、2年次の実習は母園に行かせてもらい、就職活動も母園一本。こうして夢が現実になったのは、仁短で学んだからこそだと思っています。

はやしだ さん(2年)

保育士への道を拓くために選んだ仁短。

すでに保育士として活躍している憧れの先輩から、「公務員保育士になりたいなら仁短へ」と勧められて入学しました。その選択は間違っていなかったと言えます。多くの学びや経験、熱心な先生方の指導が、保育の現場に身を置くために必要な理解につながりました。実習を軸とした学びのサイクルによって実践力も鍛えられたと思います。希望する勤務先からの内定を得て、子どもたちの「先生」になる責任を実感しているところです。

卒業生の声

右)ふじもと さん(2013年卒業)
現在は保育園に勤務

左)みやした さん(2015年卒業)
現在は保育園に勤務

地域で活躍する仁短卒業生の裾野の広さを実感。

同じ2歳児クラスを担任する私たちは、2人とも仁短の卒業生。保育の現場で協力し合いながら、学生時代の学びの重要性を実感しています。職務の合間には、仁短の先生方の思い出話で盛り上がることもしばしば。県の保育士研修などでも同窓生にお会いする機会が多く、仁短の裾野の広さを頼もしく感じています。

ひらかわ さん(2012年卒業)
現在は幼稚園に勤務

子どもの成長と共に、自分自身も日々成長。

幼稚園の先生は幼い頃からの夢。近所に仁短生が住んでいたこともあって、中学生の時にはすでに仁短への進学を考えていました。仁短は実践的な授業が多く、実習やボランティアなどで実際に動きながら学ぶ機会も豊富です。そのおかげで、1年目でも現実とのギャップはほぼ感じなかったですね。大変なことももちろんありますが、子どもたちの成長を間近で感じると全て吹き飛びます。子どもは一人ひとり性格や成長が違うので、その子に合わせた最適な接し方ができるよう、今後も実践の中で学び続けたいです。

↑