人生の中であっという間に過ぎていく子ども時代。短い時間でありながらも、人生を築く基盤になる大切な時間です。
一緒に泣いたり、笑ったり。子どもたちとともに過ごし、可能性を引き出していくのが、保育者の仕事となります。
幼児教育学科での学びを通して、子どもの育ちと家庭の子育てを支えられる人へと成長していきましょう。

幼児教育学科の育成する人物像

「子どもの成長を見守る」だけでなく、「成長するきっかけを生み出せる」保育者。

NEWS

ミニ演奏会

» NEWS一覧へ

↑